月別アーカイブ: 2018年2月

パトロンの探し方

私はもうすぐパパと別れます。理由はパパが仕事を転職してしまい、お金が以前のように貰えないからです。

「お金のない俺を好きでいてくれるか。」「ごめんなさい。」「そうだよね。じゃぁ、今月いっぱいまでは契約だから付き合ってくれよ。」「もちろんだよ。」このパトロンは友達からの紹介でした。そのため自分でパトロンを探したことがありません。パトロンの探し方どうすればいいか、全くわからずネットでパトロンの探し方を調べました。そして、出会い系で探して見ると色んな人からパトロンになりたいと言うメールが届きました。意外とパトロンの探し方って簡単に見つかるなと思いました。
パトロン募集

当日。待ち合わせ場所に行くとパトロンらしき人物がいましたがなんとも怪しい雰囲気を感じました。一緒にランチする時もファミリーレストラン。高級レストランを想像していたのでショックでした。さらには私にすぐホテルに行こうと誘う。私は直感で彼はお金持ってない人だと思いホテルを断りました。「お小遣いあげるよ。」「今くれるならホテルに行ってもいいですよ。」「じゃぁ、いい。」そう言って彼は去りました。私はこの無駄な時間に会ったことを後悔しました。パトロンの探し方、意外と簡単と思っていたけれど難しいなと再認識させられました。その後何人かとパトロンになりたい人と連絡を取りついにパトロンを手に入れました。

新しいパトロンとのデートは緊張しっぱなしでした。いつ、キスされるか、いつHするか。前回の人より見た目もカッコいいし、お金もちゃんと持っている人だから良かったです。
ライブカメラ
チャットオナニー

パトロンが欲しい

パトロンが欲しいわけじゃなかったんだよね。
っていうか、むしろ、若い時から結婚願望が強かったの。
二十過ぎたら結婚して、子ども産んで、子どものお弁当作って、パートに出て、それで、小さいけど家を買って・・・
そんな普通の、どこにでもあるような女の人生を夢見てたわけ。
なのに、いまはその夢からかなり遠ざかってるというか、まるで正反対だよね。
お金はあるけど、家庭がない・・・。
若い時に付き合ってた人、「早く結婚したい」というのが私の夢だったから、年上の人と付き合ってたんだよね。
そしたら、その人、既婚者だったんだ。
今では、愛人というか、パトロンというか。お金はくれるし、生活も保証してくれるけど、それだけ。
お金くれるパトロン
パトロンが欲しいと願ったことなんて一度もないのに。
無駄にお金があるから、不自由しない生活だから、余計に家庭とか人とのつながりとか、そういうものに執着するようになってきちゃってさ。
パトロン生活だと、そういうものから切り離されちゃうでしょ?友達も疎遠になってしまうし。
「パトロンがいるような人ととは友達やってけない」みたいな感じになっちゃうもん。
経済的な格差もあるし、いや、それはそうだよ。
今時女性が必死でキャリア積んで働いても、月に30万とか40万とか?私、その倍はもらってるもん。
男性も、私にパトロンがいると分かると、面倒なこととは関わり合いたくないんだろうね、自然と去って行くしね。
パトロンが欲しいなんて一度も思ったことない。今でもそう。私は普通に家庭を持ちたいって今でも思ってる。
どうして逆に来ちゃってるんだろうね・・・。
パパ募集
パトロンが欲しい